退職は円満にするのが一番

退職は円満にするのが一番

最近日本では、多くの人が転職や退職により企業を去っていると言われています。一般的に定年や転職などの理由による退職は円満に行うのが良いとされます。その理由として、退職した会社とまたつながりがあるかどうか分からないためです。

例えば、転職による退職の場合、同業種であればかならず前の会社と接触することがあると言えますし、新しい職場でも前職を考慮してそうした会社と業務上接触するように指示されることが多いといえます。そうしたことから、仮に前の職場で円満に退職をしていないと転職先で業務が円滑に進まなかったり、そもそも転職した会社のイメージそれ自体が悪くなる結果となるため、円満に退職しているかどうかが重要になります。

また、前の会社を去った人にとっても円満に退職していない会社と引き続きビジネス上の関係を持つことは精神上にとっても肉体上にとっても大きなストレスになるといえます。前の会社とトラブルがあるまま会社を去ると、前の会社の職員が新しい会社に対していろいろな不利な情報を流す可能性があります。逆に円満に会社を去った場合は、前の会社でよく頑張っていたなどの良い情報を流してくれる可能性があります。

そのため、年齢的に若くまだまだビジネスマンとして働く人にとって、会社を去る際には会社を去る際の去り際が非常に重要といえます。また、定年で会社を去った人にとっても円満に会社を去ったかどうかが重要になります。仮に定年で今後働く必要がない人にとっても、社会保険や年金、退職金の受け取りまでは前に勤めていた会社と関係がありますし、またその会社に書類を取りに行ったり手続きをお願いするなどの関係が続くことになります。

そうした事情から仮に定年で会社を去ったとしても、会社の去り際に円満がどうかが非常に重要な要因となります。ビジネス上の関係以外でも、プライベートの関係でも会社の去り際は重要といえます。例えば町で偶然前の会社の人と会った場合や同じマンションなどに偶然住んでいた場合など、良い状態で会社を去ったかどうかで相手の印象も変わってきます。そのため、円満に会社を去ることはどの年代の人にとっても非常に重要といえますが、そうするための方法があります。

退職時期のかなり前には人事課などにはその意志を伝えておくことです。退職する場合は、退職金の計算や社会保険などの引継ぎなど業務がかなりあります。そのため、事前にその意思を伝えておくことで会社内では悪いイメージをもたれることは少なくなります。

更新情報・お知らせ

ピックアップサイト

http://www.zac-zac.com/office_relocation/
物件選定から内装工事までオフィス移転に関わる全てをサポート!

https://www.l-m.co.jp/work/
流行りの作業服や有名なワークウエアを

稲沢 心療内科
児童・老年精神科も診療が可能!

福岡で商標登録のことは高津国際に
登録後のことも安心の充実のサポート体制の特許事務所

明確な料金体系のアンテナ工事会社
クラウンクランは料金体系の他にも様々な強みがある