退職は円満にするのが一番

円満にするのも自分次第

退職するときには、円満に辞めることを心掛けましょう。勢いで辞めるようなことは避けたほうが賢明です。現在の職場を辞めたからといって、将来に全く関係なくなるとは限りません。次に選んだ職場から退職理由の問い合わせがいくことがあるからです。また、業界によっては世界が狭いというケースもあります。業界内に噂が広まってしまうことで将来の就職に影響が出ることが考えられます。円満にするのも自分次第ですから、なるべく賢い方法を選ぶようにしましょう。そのためには計画的に進めることが必要です。いやなことがあったからといきなり辞めるようなことは避けましょう。転職サイトを利用して転職するのなら、転職サイトの担当者に相談してみるのも方法のひとつです。会社の規定があるのなら、それに従って届出をするとよいです。無職のリスクを避けるためには、在職中の転職活動がおすすめです。しかし、円満に退職するためには、計画を立てるのが難しいというデメリットもあります。求職に必要な準備期間を見積ることも大切ですし、次の職場が決まったときの入社日の調整なども考慮に入れておくとよいです。円満に退職するためには、今の職場に迷惑をかけないことが大切です。引継ぎのこともありますので、なるべく早く上司に報告すると良いです。早めに報告したとしても、繁忙期の退職は避けたほうが賢明です。無用なトラブルを避けるためには、最初の報告は上司へ行うほうがよいです。同僚など他のところから上司の耳に入ると話が面倒になります。トラブルを避けるためには、現在の職場への不満を口にしたり、転職先の詳しい情報などは伝えないほうがよいです。報告をする際には、何のために転職をするのかを自分のなかではっきりさせたうえで、上司のタイプに合った対応を心掛けるとよいです。退職届の提出や引き継ぎ、残務処理などをキチンと済ませ、各種手続きや会社に返却するものはキチンと返却してから退職をしましょう。お世話になった方々への挨拶も忘れずに行いましょう。無用なトラブルを招かないように、キチンとすべきことは済ませておくと良いです。

更新情報・お知らせ