退職は円満にするのが一番

退職日まで気を抜かない

転職を成功させるためには、円満な退職が必要です。転職先が決まっているから安心、と、気を抜かないことが大切です。現在在籍している会社に迷惑をかけないためにも必要なことですし、転職先の会社にとっても大切なことです。悪い評判のある人物を会社に招き入れたくないのは、どの会社でも同じことです。無用なトラブルは避け、やるべきことはキチンと行ってから退職日を迎えることは、働く大人にとっては重要です。退職の意思は時間的な余裕をもって上司に伝えましょう。引継ぎのこともありますし、あまりギリギリのタイミングでは迷惑をかけることになります。社内規定に従って、手続きをしていくことが必要です。自分から直接、上司に伝えることも大切です。噂話のように伝わってしまうと印象の良いものではありません。いきなり退職願を出すのではなく、事前に口頭で伝えておくことが必要です。後日、正式に退職日が決まってから退職願を提出する形をとったほうがスムーズに話を進めることができます。引継ぎも後で困らないようにキチンと済ませておきましょう。新しい職場に移ったのに、分からないことを聞かれるような事になっても困ります。取引先への挨拶も忘れずに行いましょう。後任者を同行して挨拶回りをすることでスムーズに引き継ぐことができます。退職にあたっては、会社に返却すべきものがあります。会社から指示のあったものは速やかに返却できるように準備しておきましょう。返却するものとしては、健康保険被保険者証や制服、社員証、名刺、会社の経費で購入したものなどがあげられます。取引先の名簿やパソコンに保存したデータなど、会社の資料関係は返却をしましょう。会社からは、年金手帳や源泉徴収票、雇用保険被保険者証を受け取りましょう。転職先が決まっていないときには、雇用保険の手続きをするために離職票が必要です。退職にあたっては様々な手続きが必要ですから、それに関わる書類は忘れずに貰っておきましょう。退職日にはお世話になった方々への挨拶も忘れずに行うようにしましょう。

更新情報・お知らせ