退職は円満にするのが一番

自分の仕事は後任へ

2014.07.17

大学を卒業してからは、念願の職場で働くことができるようになりました。憧れていた職場だったので、仕事ができると知ったときにはとても嬉しかったです。仕事に励んでみたのですが、今後の仕事ために更に勉強をしたくなりました。そのため、留学に行くことを決意したのです。留学をして、次の仕事に役立てることができるようなスキルアップをしたいと思っていました。そこで、職場を退職することにしたのです。退職をするかどうかはとても迷ったのですが、思いきって決断することにしました。退職すると決めてからは、退職する前までに、引き継ぎをきちんとするように心がけました。引き継ぎをしていなければ、後任者が困ることになると思ったのです。後任者がスムーズに仕事を引き継げるようにするためにも、退職する前に引き継ぎを丁寧に行いました。引き継ぎをするときには、実際に後任者にも会って直接話をしました。それに、できるだけメモも残しておきました。