退職は円満にするのが一番

トラブルで次就職先がダメになる?

退職にあたりトラブルになると次就職先でもトラブルになります。トラブルを起こすような人材を企業は欲しがりません。辞めるのだから現在の職場での評判などどうでもよい、という感じで動いてしまうと次就職先で困ってことになりかねません。退職にあたっての経緯などを問い合わせる企業もありますので油断はできません。現在のことは将来にも影響がありますので、将来の就職に不利にならないように上手に動くことが必要です。トラブルを避けるためには社内規定を確認しておくとよいです。辞めたいからといって引継ぎもしないで次の職場に行くのはマナー違反です。社内規定に退職時の決め事があるのなら確認しておきましょう。有給の消化をしたいからと意思表示して次の日から会社に行かなくなるようなことでは迷惑をかけることになります。有給を消化するのは良いですが、引継ぎなどに影響が出ないようにすることも大切です。自分の都合だけでなく、会社の迷惑にならないようなスケジュールを組んで進めていくようにしましょう。円満退職のためには、手順を踏んでいくことが大切です。辞める時期の二ヶ月程度前には上司に相談という形で伝えておくとよいです。実際、手順を踏むにあたっては、アドバイスが必要となるケースもあります。余裕をもって退職の時期を伝えるようにしましょう。上司に伝えた後、退職届を出すなどの手順を踏んで準備を進めていきます。できれば上司は味方につけておいたほうが良いです。直接、相談してから手続きを進めていかないと印象が悪いです。間違っても同僚などから話が伝わらないように、慎重に動くようにしましょう。引継ぎをするときには、社内のことだけでなく、社外のことも考慮に入れておくとよいです。特に営業などをされる方は、後任者を連れて挨拶回りするなどの引継ぎも必要です。印象よく辞めるためには、挨拶はきちんとしておきましょう。狭い業界などの場合、次の就職先でもお世話になる取引先が出ることも考えられます。印象よく引き継ぎをしておくことは大切です。退職時には離職証明書や源泉徴収票を貰っておきましょう。私物は会社から持ち帰り、会社のものは返却しておきましょう。退職日にはお世話になった方に挨拶をするなどして印象よくお別れをし、次就職先へ移るとよいです。

更新情報・お知らせ