退職は円満にするのが一番

会社を退職するのには上司に話す

会社を退職すると決めたのなら、まずは上司に話すことが必要です。誰かから噂話のように伝わってしまうのは印象が悪いですから避けなければいけません。会社を辞めることで、あなたが行っていた仕事を他の誰かが行わなければいけなくなります。引継ぎや仕事の振り分けなどが必要になります。いきなり辞めたりすると会社に迷惑がかかります。根回しが必要です。会社を辞めるとなったときには、退職日の二ヶ月くらい前を目安に、相談という形で上司に伝えておくと良いです。余裕をもって進めることで無用なトラブルを避け、スムーズな転職を行うことができます。会社を辞めるときにトラブルを起こすと転職先での印象も悪くなります。狭い業界などもありますので、悪い噂が広がるようなことは避けたほうが賢明です。手続きをキチンと踏んで進めていくことが必要です。円満退社のためには社会人としてのマナーを守って進めていくことが必要です。相談という形で直接、伝えることで円満に話を進めていきやすくなります。最初の意思表示をメールで行ったり、他の人から噂話のように伝わったりするようなことはトラブルの元です。避けましょう。退職にあたっては退職願を提出することになります。書き方などについても相談しながら進めることでスムーズな退職にすることができます。上司に相談してから、社内規定で手続きについて決め事があるのなら、それに従って進めていきましょう。社内規定に書いてない、などと思わないほうがよいです。これは、マナーの一つです。退職理由などを聞かれたり、引きとめにあったりすることも考えられますが、相手の人柄を考慮して事前に対策を検討しておくとよいです。理由が会社への不満からだったとしても、それをそのまま伝えるのは避けましょう。キャリアアップしたい、違う分野で働きたい、など、前向きで個人的な理由にしたほうが無用なトラブルを避けることができます。上司に相談してから、退職願を提出するなど次のステップに進むほうがトラブルを避けることができます。

更新情報・お知らせ